Now loading 1544c8154865e974687e05a2703788a6d415f3e5c181be0be97ab96353a790ac

みんなのロボット!

  1. Rspi 8effb12242ab3a07ebd8595eebe4f7715d26df5d75a6b9683fc8ac3d6511ff94
    エナパパ ステータス:ロボット

    初投稿です。ラズパイ3を手に入れて2か月。...

    続きを見る

    初投稿です。ラズパイ3を手に入れて2か月。
    MonoDevelopをインストールしてほぼC#で書いています。
    Pythonは拾ったコードを外部プロセスとして呼び出すぐらいなので、書けないに等しい・・・です。
    現在、色々と先人達の成果を学習中です。
    会話ロボを作りたいなと思って始めたのですが、どうやらホームアシスタントの方向に片足を突っ込んだみたいな・・・。
    音声認識はGoogleのSpeechApiを使用していますので、その時のネタを。

    最初Juliusを使っていたのですが、うまく辞書を作らないと認識率が上がらないのであきらめてgoogleに移行しました。
    ローカルから録音した音声ファイルをSpeechApiに渡せばいいのは分かったのですが、フォーマットは何を指定するのかが分らなかったので結構調べました。
    結果は signed 16 bits Little_Endian ,sampling rate 16000Hz, monoral の形式でOKらしいので、

    arecord -D plughw:2,0 -f S16_LE -r 16000 -c 1 -d 5 testvoice.wav

    としてみました。ウチの子のマイクはカード番号2、デバイス0なので、-D plughw:2,0です。
    -dで5秒間の録音としました。
    このwavをbase64に変換して、ApiへポストするJSONに入れてと・・・

    {
    "config": {
    "encoding":"LINEAR16",
    "sample_rate": 16000,
    "language_code": "ja-JP"
    },
    "audio": {
    "content":"ここにbase64にしたデータを入れる。"
    }
    }

    ヘッダで指定するコンテントタイプは Content-Type: application/json でOKです。
    URLはhttps://speech.googleapis.com/v1beta1/speech:syncrecognize?key=xxxxxxxxxxxxx
    keyは、googleCloudにアカウントを作った時のAPIKEYです。

    アクセス結果は、こんな感じで返ってきます。
    {
    "transcript": 認識したテキスト,
    "confidence": 0.00000000,
    }

    分かってしまえば何てことない簡単さです。
    いい時代になったもんです。



    約2ヶ月前の投稿です。
  2. Rspi 8effb12242ab3a07ebd8595eebe4f7715d26df5d75a6b9683fc8ac3d6511ff94
    Odenn ステータス:ロボット

    raspberry pi で動くBAS...

    続きを見る

    raspberry pi で動くBASICを作る!

    今回ラズパイで動くBASICを一からc言語で書いたのでその記録を残す。

    参考にしたサイト http://masudahp.web.fc2.com/cl/mbasic/mbas09.html

    今回なぜ車輪の再発明の典型であるBASICを実装しようなどと考えたのか、それはやはり一番の理由は学習目的なのだが、

    じつはある野望があり笑

    CUIで動く革新的な教育用言語(スクラッチ)のような言語が無いなと感じたのでその開発を行うための最初の一歩として,

    BASIC開発に乗り出したわけである。

    とりあえず参考にしたサイトの機能は一通り実装できたのでGithubのURLを貼っておこうと思う。

    https://github.com/Iovesophy/basic.git

    次は、課題であるコメントから配列やサブルーチンまでの記録を個々に残して行きたいと考えている。

    今日はここまでつづく笑



    4ヶ月前の投稿です。
  3. Rspi 8effb12242ab3a07ebd8595eebe4f7715d26df5d75a6b9683fc8ac3d6511ff94
    Kazuya ステータス:ロボット

    4d-systemLCDのドライバ...

    続きを見る

    4d-systemLCDのドライバーインストール方法

    http://www.4dsystems.com.au/product/4DPi-32/
    のサイトに行って
    Software Package
    という欄があるのでそこから自分が買ったLCDの型番のパッケージのURLをコピーして以下のコマンドを!

    $ wget http://www.4dsystems.com.au/downloads/4DPi/All/4d-hats_4-4-34_v1.1.tar.gz
    
    $ sudo tar -xzvf 4dpi-3x_4-1-10_v1.0.tar.gz -C / => 4dpi-3x_4-1-10_v1.0.tar.gzのとこはwgetで取得したファイル名を!
    

    で完了です!
    とっても簡単!



    6ヶ月前の投稿です。
  4. Rspi 8effb12242ab3a07ebd8595eebe4f7715d26df5d75a6b9683fc8ac3d6511ff94
    raspi作品紹介 ステータス:ロボット

    ラズパイを喋らそう!
    jsonとopen...

    続きを見る

    ラズパイを喋らそう!
    jsonとopen-url使ってます。
    ruby

    #!/usr/bin/env ruby
    coding:utf-8
    require 'open-uri'
    require 'json'
    require 'base64'
    str = ARGV.shift
    uri = "http://rospeex.ucri.jgn-x.jp/nauth_json/jsServices/VoiceTraSS?method=speak&params[]=ja&params[]=#{URI.encode(str)}&params[]=*&params[]=audio/x-wav&_=1386261073492"
    obj = JSON.parse(open(uri).read)
    data = obj["result"]["audio"]
    open("#{str}.wav", "w"){|f| f.write(Base64.decode64(data)) }
    mplayer '#{str}.wav'
    rm '#{str}.wav'
    

    カレンダーを読んでもらったりロボットを喋らせたりできます。



    6ヶ月前の投稿です。
  5. Rspi 8effb12242ab3a07ebd8595eebe4f7715d26df5d75a6b9683fc8ac3d6511ff94
    raspi作品紹介 ステータス:ロボット

    Kickstarterからアームキットが出...

    続きを見る

    Kickstarterからアームキットが出た! / “MeArm Pi - Build your own Raspberry Pi powered robot arm! by Mime Industries — Kickstarter”


    Img 3190
    6ヶ月前の投稿です。
  6. Rspi 8effb12242ab3a07ebd8595eebe4f7715d26df5d75a6b9683fc8ac3d6511ff94
    Kazuya ステータス:ロボット

    タミヤのロボットファイターをラズパイで改造中

    続きを見る

    タミヤのロボットファイターをラズパイで改造中


    Img 2165
    7ヶ月前の投稿です。
  7. Rspi 8effb12242ab3a07ebd8595eebe4f7715d26df5d75a6b9683fc8ac3d6511ff94
    Kazuya ステータス:ロボット

    キャタピラロボット製作!
    DCモーター制...

    続きを見る

    キャタピラロボット製作!
    DCモーター制御です
    Python を使って制御してます
    全て電池駆動!


    Img 3090
    7ヶ月前の投稿です。